生活習慣病について
ホーム > 診療案内 > 糖尿病

糖尿病とは

からだのエネルギー源であるブドウ糖が正しく細胞に運ばれず、血液の中にあふれてしまう病気です。 ブドウ糖をコントロールするインスリンというホルモンが不足するためです。

20-65-0003・40-15-0013糖尿病

糖尿病のタイプ

  • 1型糖尿病:膵臓のβ細胞が破壊され、インスリンが殆ど、または完全に分泌されなくなってしまう糖尿病です。そのため、注射により体外からインスリンを補給します。
  • 2型糖尿病:インスリンの分泌量は必ずしも少なくはないのですが、十分に作用しないために起こる糖尿病です。運動不足、ストレス、肥満が誘引となってインスリンの働きを低下させていると考えられます。
  • 遺伝子の異常や他の病気が原因となるもの
  • 妊娠糖尿病

糖尿病3大合併症

糖尿病を放っておくと合併症になります。

  • 糖尿病神経障害:自律神経症の症状
  • 糖尿病網膜症:視力低下、白内障になることも
  • 糖尿病腎症:尿がつくれず、人工透析が必要になる

糖尿病は初期の対処が重要です。 しかし自覚症状がないため、病気がすすんでしまうケースが多くあります。 「血糖値が高い」と言われたら、内科で相談してください。

医師の指示に従って自己管理をすれば、糖尿病はこわい病気ではありません。

血糖コントロール目標

血糖コントロール目標

(日本糖尿病対策推進会議資料)

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)

日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会で血糖コントロール目標(HbA1c)が発表されました。この血糖コントロール目標は、患者の特徴や健康状態、とくに認知機能やADLの評価に基づいて、個別に設定することが特徴です。65歳以上の方が対象になります。

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)

(日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会)

病態に合わせた経口血糖降下薬の選択

病態に合わせた経口血糖降下薬の選択

食事、運動などの生活習慣改善と1種類の薬剤の組み合わせで効果が得られない場合、2種類以上の薬剤の併用を考慮する。
作用機序の異なる薬剤の組み合わせは有効と考えられるが、一部の薬剤では有効性および安全性が確立していない組み合わせもある。
詳細は各薬剤の添付文書を参照のこと。

(日本糖尿病学会 編・著 糖尿病治療ガイド 2014-2015:29.文光堂.2014)

糖尿病患者さんのための「食事を考える」

糖尿病患者さんのための「食事を考える」

(企画・制作 公益社団法人日本糖尿病協会 協賛 大正富山医薬品株式会社)

動画 Vol.1

動画 Vol.2

動画 Vol.3

<付録> よろこびの歌くち体操
学術指導 公益社団法人日本歯科医師会・公益財団法人8020推進財団

動画 Vol.4

糖尿病患者さんのための「運動療法のすすめ」

運動療法のすすめ

(企画・制作 公益社団法人日本糖尿病協会 協賛 大正富山医薬品株式会社)

「Vol.1  はじめの一歩」

<付録> ヨガ体操

「Vol.2  こんなお悩みありませんか?」

「Vol.3  私にもできる運動ってあるの?」

「Vol.4  楽しく安全に続けるコツは?」

<付録> よろこびの歌体操

糖尿病患者さんのための「フットケアのすすめ」

フットケアのすすめ

(企画・制作 公益社団法人日本糖尿病協会 協賛 大正富山医薬品株式会社)

「Vol.1  「ほっとけや」でなくフットケア 足をよく見る」

「Vol.2  大切にしたい 足の身だしなみ」

「Vol.3  糖尿病「足」から足がつく 足を守りましょう」