胃内視鏡検査について
ホーム > 診療案内 > 胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは

胃内視鏡検査は、食道・胃・十二指腸を調べるための検査です。 バリウム検査では見つけにくい小さな病変も発見することができます。 死亡率の高い胃がん(がんの死亡率 2位)・食道がん・十二指腸がんの早期発見にも有効です。

食道・胃・十二指腸などの病気でもっとも重要な事は早期発見・早期治療です。 40歳を過ぎたら2年に1度は胃内視鏡検査を受けられることをオススメします。

早期胃がんを発見した場合は千葉大学医学部附属病院などを紹介しています。

胃内視鏡検査を受けられる患者さんへ
胃ポリープ 胃潰瘍

がんの早期発見につながる 新しい内視鏡技術NBI

がんの早期発見のために

がんが早く見つかれば、大きな手術をせずに内視鏡で取り除ける可能性は高くなります。 しかし、初期のがんは自覚症状がほとんどありません。自覚症状がない段階でも定期的に検診を受けることが重要です。

内視鏡検査は、負担の少ない極細内視鏡や鮮明な高画質画像を得られるハイビジョン内視鏡が登場するなど、どんどん進化しています。 特に近年は、NBIという技術を用いた内視鏡検査が注目を集めています。

NBIって何?

NBIとはNarrow Band Imaging(狭帯域光観察)の略称をいい、特殊な光を使って粘膜表面を観察する内視鏡の新しい技術です。

なぜNBIは早期発見に繋がりやすいの?

がん細胞は血管から栄養を補給して増殖するため、がんの始まりには近くに小さな血管が集まりやすくなります。NBIは、こうした特徴に強く反応する特殊な青い光を照らして観察を行う技術です。

つまり、このような特殊な光を内視鏡の先端から照射して、初期がんの特徴的な変化をわかりやすく照らし出すから、通常の光での観察より早期発見につながりやすいといわれているのです。

NBIって大変な検査なの?

NBIを用いる検査は、内視鏡の画像をボタン一つでNBIに切り替えるだけなので、受け方は通常の内視鏡検査とまったく同じです。また、対象の部位も「食道」「胃」「十二指腸」「大腸」「気管支」など、幅広い領域でNBIを使うことができます。

皆さんの健康や安心のために、NBIを導入している当院にて、早期発見につながる検査を受けられることをお薦めいたします。

監修:東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科/内視鏡科 田尻 久雄 先生 提供:OLYMPUS
(旧)内視鏡の画像
(旧)内視鏡の画像
(新)NBI内視鏡の画像
(新)NBI内視鏡の画像

経鼻内視鏡のメリット

苦しくない

なんと約5mmの細さです。 検査中の苦痛が少なく、強い麻酔も必要なし。

吐き気が起きにくい

舌のつけ根を通らず、のどにも触れないので、不快感や吐き気をほとんど感じません。

検査中も会話ができる

検査中も会話が可能です。 医師への質問、気分の伝達など、お話できるので安心です。

胃カメラの検査の流れ

①検査前日

夕食は、午後9時迄に済ませ、消化の良い物を摂る様にしましょう。
アルコール類は摂らないでください。

②検査当日

検査当日は、煙草はやめて朝食は飲食はせずに指定された時間までにお越しください。
(但し、コップ1杯の水または、白湯は可能です。)
薬を飲んでいる場合は、医師に相談してください。
いろいろな薬剤にアレルギー体質の方・心臓疾患・緑内障・前立腺肥大・体調の極めて悪い方は事前に申し出てください。
血圧と心臓の薬は、起床時に服用してください。
体を締め付ける様な服装は避けてください。
口紅はご遠慮ください。

③検査終了後

検査後約1時間位は、注射や麻酔の効果が残っていますので飲食、車の運転は避けて下さい。
検査後しばらくは飲食しますとむせたり、しみたりする事がありますが、時間が経てば回復しますので心配はありません。
特に胃生検を行った場合、その日は刺激の強い飲食物は避け、激しい運動も止めて下さい。
検査終了後は、半日程度安静にしていて下さい。(仕事等不可)

注意事項

車・バイクの運転は一時間ほど控えてください。

患者さまによっては鼻からの挿入が難しい場合もあります。 経鼻内視鏡は非常に細いため、処置には適さない場合もあります。 通常の経口内視鏡での検査も可能です。 まずは当院にご相談ください。

胃内視鏡検査