高血圧
ホーム > 診療案内 > 高血圧

高血圧とは

複数回の検査で、座位で測定された血圧が常に最高血圧140mmHg以上、あるいは最低血圧90mmHg以上である状態を高血圧と定義しています。 日本人の高血圧の患者さんは3,000万人以上とされています。

高血圧には2種類あります。

  • 本態性高血圧:生活習慣の乱れや遺伝素因、加齢などが相互に関連し合って発症すると考えられています。
  • 二次性高血圧:腎血管性高血圧、クッシング症候群などによるものがあります。

高血圧症の症状

一般に、高血圧自体が何らかの症状を引き起こすことはないと考えられていますが、軽度の頭痛、頭重感や倦怠感などを訴えることがあります。

心当たりのある方は受診してください。

高血圧症