C型肝炎治療
ホーム > 診療案内 > C型肝炎治療

C型肝炎は適切に治療しなければ肝がんに進行する可能性があります。

日本における肝がんの原因の65%はC型肝炎といわれています。

C型肝炎の自然経過では約70%の割合で特続感染に移行して慢性化するといわれています。
慢性肝炎は約20年の経過で30~40%が肝硬変に、さらに肝硬変のうち70%が肝がんに進行する 可能性があるといわれています。

肝炎の自然経過

肝炎の自然経過

主な症状

急性肝炎

  • 感冒様症状(発熱、咽頭痛、頭痛など)
  • 黄疸
  • 褐色尿
  • 食欲不振
  • 全身倦怠感
  • 嘔気、嘔吐
  • 腹痛
  • 関節痛
  • 発疹 など

慢性肝炎

  • 体のだるさ
  • 疲れやすさ
  • 食欲不振 など

肝硬変

  • 腹水
  • 肝性脳症
  • 羽ばたき振戦
  • くも状血管腫
  • 手掌紅斑
  • 腹壁静脈拡張
  • 黄疸
  • 女性化乳房
  • 睾丸萎縮
  • 出血傾向
  • 静脈瘤出血 など

肝がん

  • 腹痛
  • 発熱
  • 黄疸 など

抗ウイルス療法で、C型肝炎ウイルスの排除をめざせます。

C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療では、ウイルスを除去して完全な治療を目指す抗ウイルス療法を行います。

抗ウイルス療法には、飲み薬のみ、注射薬のみ、飲み薬と注射薬の併用があります。

飲み薬のみ

飲み薬のみ

注射薬のみ

注射薬のみ

飲み薬のみ

飲み薬と注射薬
(1種類もしくは2種類)
の併用

飲み薬のみで行う抗ウイルス療法があります。

C型慢性肝炎ウイルスは、肝臓の細胞の中に侵入して、自らの遺伝子を放出します。
放出された遺伝子は、ウイルスの材料となるたんぱく質を肝臓の細胞に生成させます。
その後たんぱく質はウイルス自身が持つ酵素によって加工され、遺伝子を複製し、C型肝炎ウイルスが増殖します。

そのため、お薬によってたんぱく質のはたらきを抑えたり、C型肝炎ウイルスの増殖を抑えたりします。

ご不明な点がございましたらお気軽に当院までご相談ください。

C型慢性肝炎の医療費助成

C型慢性肝炎の治療には、肝炎に対する医療費助成制度が設けられています。
ウイルス性肝炎の治療では、治療費が高額になっても医療費の助成を受けることができます。自己負担は月額1万円または2万円までに軽減されます。
実際の必要書類、提出先などは都道府県によって異なりますので、詳しくはお住まいの都道府県または保健所にお尋ねください。

世帯全員の市町村税(所得割)
課税年額の合計
自己負担限度額(月額)
235,000円以上 20,000円
235,000円未満 10,000円