がんについて
ホーム > 診療案内 > がん

主な死因別にみた死亡率の年次推移

肺がん

(参考:厚生労働省「人口動態統計」より)

がんによる死亡は昭和50年代中頃に心疾患を抜いて死因トップとなり、依然として国民の死因トップです。男性では肺がん、胃がん、大腸がんが3大死因であり、女性では大腸がん、肺がん、胃がんですが、乳がんも急速に増加してきています。

肺がん

肺がんチェックポイント

  • タバコを長年吸っている
  • 有害物質を扱う職業である
  • 咳、痰が長く続いている

近年、肺がんが急増しています。 定期的に検診を受けましょう。

肺がん

胃がん

胃がんチェックポイント

  • 胃が痛い
  • 胃もたれや吐き気がする
  • 痩せてきた

塩分の少ない食事と、野菜や果物を豊富に用いた食事を心がけましょう。

早期胃癌
▲ 早期胃癌
進行胃癌
▲ 進行胃癌

大腸がん

大腸に発生するがんです。 盲腸とS状結腸、直腸がんのできやすいところです。

大腸がんの発生

大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生します。 そして、大腸の壁に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓や肺など別の臓器に転移します。

※進行はゆっくりです。

n-01156・20-68-0265大腸がん

大腸がんの症状(※進行した場合)

  • 血便(もっとも多い)
  • 下血
  • 下痢と便秘の繰り返し
  • 便が細い
  • 便が残る感じ
  • おなかが張る
  • 腹痛
  • 貧血
  • 原因不明の体重減少など
大腸がん

※大腸のどこに、どの程度のがんができるかによって異なります。

こんな方は定期的な検査をオススメします。

  • 40歳以上
  • 食事は肉が多い
  • 野菜はあまり食べない
  • 親/兄弟などに大腸がんに罹った人がいる

食道がん

食道がんチェックポイント

  • つかえ感・狭窄感
  • 嘔気・嘔吐
  • 食欲不振 など

食道がんは60歳以上の男性、高度の飲酒・喫煙者に多く見られます。
症状が発見契機となった場合、80%以上が進行癌の状態であり、表在癌の多くは検診もしくは他疾患検査・治療中にスクリーニングの際に発見された無症状例です。

食道癌ヨード染色前
▲ 食道癌ヨード染色前
食道癌ヨード染色後
▲ 食道癌ヨード染色後

肝がん

日本人の肝臓がんの原因は肝炎ウイルスとアルコールがほとんどを占めています(約7割)。

しかし、脂肪肝を出発点にした肝臓病、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)によって、炎症や線維化を伴い、肝硬変や肝がんに進展するすることが分かっています。 肝硬変や肝がんに進展すると肝臓はもとに戻りません。 もとに戻る脂肪肝の内に治療を行いましょう。

肝がん

糖尿病との関連

脂肪肝の原因の1つである糖尿病の患者死因トップは肝がん(8.6%)で、肝硬変死(4.7%)と合わせると全体の13.3%が肝疾患関連死という報告があります。