大腸内視鏡検査について
ホーム > 診療案内 > 大腸内視鏡(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)とは

『大腸内視鏡検査』はまず下剤で腸内を空にして、肛門から大腸内視鏡を挿入し、腸粘膜表面の様子をモニターで観察します。 切除可能なポリープが見つかればその場での処置も可能なため、とても効率的です。

血便・便通異常(便秘・下痢)をくり返す・腹痛など、はっきりとした症状がある場合は、すぐに当院にご相談ください。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

がんの早期発見につながる 新しい内視鏡技術NBI

がんの早期発見のために

がんが早く見つかれば、大きな手術をせずに内視鏡で取り除ける可能性は高くなります。
しかし、初期のがんは自覚症状がほとんどありません。自覚症状がない段階でも定期的に検診を受けることが重要です。

内視鏡検査は、負担の少ない極細内視鏡や鮮明な高画質画像を得られるハイビジョン内視鏡が登場するなど、どんどん進化しています。
特に近年は、NBIという技術を用いた内視鏡検査が注目を集めています。

NBIって何?

NBIとはNarrow Band Imaging(狭帯域光観察)の略称をいい、特殊な光を使って粘膜表面を観察する内視鏡の新しい技術です。

なぜNBIは早期発見に繋がりやすいの?

がん細胞は血管から栄養を補給して増殖するため、がんの始まりには近くに小さな血管が集まりやすくなります。NBIは、こうした特徴に強く反応する特殊な青い光を照らして観察を行う技術です。

つまり、このような特殊な光を内視鏡の先端から照射して、初期がんの特徴的な変化をわかりやすく照らし出すから、通常の光での観察より早期発見につながりやすいといわれているのです。

NBIって大変な検査なの?

NBIを用いる検査は、内視鏡の画像をボタン一つでNBIに切り替えるだけなので、受け方は通常の内視鏡検査とまったく同じです。また、対象の部位も「食道」「胃」「十二指腸」「大腸」「気管支」など、幅広い領域でNBIを使うことができます。

皆さんの健康や安心のために、NBIを導入している当院にて、早期発見につながる検査を受けられることをお薦めいたします。

監修:東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科/内視鏡科 田尻 久雄 先生 提供:OLYMPUS
(旧)内視鏡の画像
(旧)内視鏡の画像
(新)NBI内視鏡の画像
(新)NBI内視鏡の画像

こんな方は定期的な検査をオススメします。

  • 40歳以上
  • 野菜はあまり食べない
  • 親/兄弟などに大腸がんに罹った人がいる

大腸がんは初期段階で発見できれば、治る可能性が高いがんです。 しかし初期では自覚症状がないこともあるため、定期的に検査を受けて早期発見することが非常に大切です。

大腸内視鏡検査を受けられる患者さんへ

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の受け方

①検査の前日

夕食は午後5時頃、消化の良いものを少なめに取りましょう。 早めの就寝を心がけましょう。

②検査当日の前準備

食事、飲み物、タバコ、薬などは摂らないでください。 検査直前に、大腸をきれいにするための下剤を2リットルほど数回に分けて飲み、トイレに何回か通います。 検査前にお尻に穴の開いた検査着に着替えます。

③検査

検査台に横になって、おなかを楽にします。 鎮静剤を注射します。 肛門から内視鏡を挿入します。検査中は力を抜いて楽にしてください。 医師は、モニターに映る腸内を隅々まで観察します。 検査は数十分で終了します。

④検査終了直後

検査が終わったら横になって休みます。 おなかが張ってくるので、オナラを出してください。

⑤検査終了後

ポリープ切除など治療をしない場合、飲食は1時間後から可能です。 クルマの運転や激しい運動は避け、当日のお風呂はシャワー程度にします。

後日、外来で結果を聞きます。

専門的な検査や治療が必要と判断した場合には、千葉大学医学部附属病院、国立千葉医療センター、海浜病院に紹介いたします。

大腸ポリープ
大腸ポリープ
大腸がん
大腸がん