CT検査について
ホーム > 診療案内 > CT検査

CT検査はどんなときにする検査?

CT検査はX線を使って身体の断面を撮影する検査です。

  • 様々な病気の精密検査
  • 人間ドックなどでがんの早期発見
  • 身体を強く打った時
  • 内臓脂肪の測定

などに用いられます。

CT検査

息止めや撮影時間も短く、痛みはありません。 横になっているだけで大丈夫です。 検査時間はおおよそ1分程度です。 X線の量は非常に少ないのでご安心ください。

※アレルギー歴や造影剤による副作用が以前あった方は必ず検査前に医師に伝えてください。

当院では最新のマルチスライスCTでより安全な精密検査が受けられます。

従来よりも検査時間が大幅に短縮されました。さらに低被ばく化技術を標準搭載した最新CT装置は「被ばく軽減」を実現し、安全面にも配慮された検査です。

最新のマルチスライスCTスキャナ

この検査では、患者さまが寝台に横になるだけで、苦痛なく頭部や胸部・腹部の断層像(輪切り)が鮮明に撮れます。特に、らせん状に連続してデータを収集することができ(ヘリカルスキャン)従来の装置より広範囲の検査が行え、脳出血・脳梗塞・脳腫瘍・頭部外傷から胸部疾患および腹部疾患(肝・胆・膵・腎・膀胱・その他)疾患にいたるまで、全身の診断が可能です。 また、「量子フィルタ」の採用で線量は約40%低減され低被ばくを実現しました。 撮影時間は大幅に短縮され、患者さまにやさしい検査となっております。 くわしい検査内容は、医師へお気軽にお尋ねください。